アフィリエイトとドロップシッピングを比較

アフィリエイトとドロップシッピングを比較

よく似ているアフィリエイトとドロップシッピング。

 

何が違うのか?

 

どのように違うのか?

 

初心者の人には何がどのように違うのか解りづらいと思います。

 

ビジネスの仕組みや特徴や違いを比較しながら解説していきます。

 

 

どちらも簡単に始められるビジネスです

ネットサーフィンなんかしていてもよく見かける、 Amazon や Googleアドセンス へのリンク。

 

これらはアフィリエイト広告になります。

 

ブログやホームページに広告を貼るだけで、簡単に個人でも報酬を得ることができるので一気に普及しました。

 

在庫を持たずに商品やサービスを仲介して、その報酬として売上の数%程度をもらうというシステムです。

 

この点ではドロップシッピングも同じく、在庫を持たないで販売の仲介をします。

 

こちらも似たようなシステムに見えますがどのような違いがあるのでしょう?

 

アフィリエイトは成果報酬型の宣伝であり、アフィリエイト参加者が商品を販売するわけではありません。

 

販売者がその商品を売って手に入れた利益のうちの広告費の一部を報酬として受け取ります。

 

ですから、販売代金の数%の金額しか受け取ることができないのが基本です。

 

アフィリエイトで稼ぐことが難しいといわれる理由の一つはこの点もあげられます。

 

 

ドロップシッピングとアフィリエイトの比較

アフィリエイトとドロップシッピングの違いは、ドロップシッピングは販売するのはあくまでも自分です。

 

一つ商品を売るごとに設定した履歴はすべて自分の利益になります。

 

具体的に言うと売り値の10%から30%くらいを目安に利益になります。

 

現在アフィリエイトで数万円の報酬を稼いでいる人がドロップシッピングに乗り換えると、報酬を上げることができると言われています。

 

しかし、ドロップシッピングはアフィリエイトと違い、商品やサービスを仲介するのではなく、販売者がサイトを運営してる本人になることです。

 

そのため、「特定商取引法」 などの各種の法令を守っていかなければなりません。

 

アフィリエイトの商品を仲介するというのではなく、販売者として、アフターサービスなどの手間がかかるようになります。

 

 

集客方法の違い

アフィリエイトとドロップシッピングでは集客方法は大きく違います。

 

アフィリエイトでは今人気のある商品やサービスを紹介し、多くのアクセスが集まるような仕掛けをすることが重要でした。

 

企業の紹介する商品を広告するアフィリエイトと違い、自分のネットショップを運営するのがドロップシッピングです。

 

集客は運営していく中の一つの要素に過ぎません。

 

アクセス数を最重要項目として考えるアフィリエイトとは少し考え方も違ってきます。

 

自分のネットショップにファンを増やすために顧客に好印象を、好感度を持たれる範囲での集客活動を行います。

 

発注があった後も、購入者に対して細やかなフォローをし、また次に期待なと思えるような安心できるサイト運営を心がける必要があります。

 

アフィリエイトでは誰が紹介した広告の商品でも購入する先のページは企業のページです。

 

購入者からしてみればどこのサイトを経由して、企業のページへ行くことかはそれほど重要ではありません。

 

しかし、ドロップシッピングの場合は大きく事情が異なります。

 

購入者は卸会社ではなく、ネットショップを運営しているあなたから商品を買うことになります。

 

ということは、きちんとしたアフターサービスをしてくれるお店で購入したいと思うのは購入者の当然の心理です。

 

ネットショップ、サイトを運営して顧客に高い満足を与えることができたならば、アフィリエイトでは見込むことの難しいリピーターも期待ができます。

 

アフィリエイトはそれほど手間がかからないけど、報酬も少なめです。

 

ドロップシッピングは手間がかかるものの、報酬は高めに設定できます。

 

 

アフィリエイトとドロップシッピングを比較記事一覧

アフィリエイトとドロップシッピングの違い

これからネットビジネスで稼いで行こうと思った時にあなたがチョイスするのはどちらが良いのか考えてみましょう。ドロップシッピングは利益が大きいですが、販売するには責任と手間が増えるシステムだということができます。毎日書いているブログで副収入(お小遣い程度)があれば良いと思っている人はアフィリエイトの方が...

≫続きを読む