サイトアフィリエイトで稼ぐためのキーワードの選定方法

稼げるかどうかが決まるキーワードの選定方法

キーワードの選定方法

サイトアフィリエイトで稼ぐためのキーワードの選定方法について解説します。

 

まず頭に入れておいて欲しいのが、サイトアフィリエイトでは 「キーワード選定で稼げるかどうかが決まる」 ということです。

 

サイトアフィリエイトを行う上で一番重要だと言っても過言ではないキーワード選定。

 

このキーワードの選定で、稼げるか稼げないかが決まってしまいます。

 

キーワードの選定を上手にできれば、サイトアフィリエイトで稼ぐことは成功したようなものです。

 

しかし、どんなにデザインが良く、どんなに綺麗なサイトを作ってもこのキーワード選定で大きくミスをするとどんなに頑張っても1円も稼ぐことができないということになります。

 

このように書いていくと、キーワード選定方法は、何だか難しいもののように感じてしまいますが、それほど難しい作業ではありません。

 

正しいキーワードの選定方法を一つずつ実践していけば誰でも簡単に出来るようになります。

 

キーワード選定をきちんと身につけてアフィリエイトで大きく稼げるようになりましょう。

 

 

キーワード選定とは?

キーワード選定とはどういうものなのかを解説します。

 

キーワード選定とは、「紹介する商品を探している人が検索エンジンからどのようなキーワードで検索してくるかを考えること」 です。

 

アフィリエイトは、企業の商品やサービスを紹介して、その紹介に対して報酬をもらうというビジネスです。

 

まず始めに自分が紹介する商品を選ぶわけですが、この紹介する商品が魅力的でなければ紹介報酬が得られないのはいうまでもありません。

 

キーワード選定をする前にまず稼ぎやすい商品を選ぶということが大切なのです。

 

キーワード選定はこの紹介する商品が決まった後の話です。

 

次に、その商品を来訪者に買ってもらったり、申し込んだりしてもらわなければ紹介報酬をもらうことはできません。

 

そのためにもお客さんに来てもらう努力をしなければいけません。

 

購入してくれそうなお客さんを効率よく集めるためには、そのお客さんが検索エンジンにどのようなキーワードを打ち込んで検索をしてくるのかを考える必要があります。

 

キーワードの選定方法

 

せっかく良い商品を選んでも来訪者がなければ商品は売れません。

 

また、その商品を欲しいと思うお客さんがたくさんいるけど売っている人もたくさんいる場合もなかなか稼ぐことはできません。

 

どういう場所で売ると一番儲かるのかというと、お客さんもそこそこいて、なおかつその商品を扱っているライバルが少ない場所。

 

こういう場所が一番稼ぎやすくて効率的な場所であるといえます。

 

売れやすい商品+キーワード=アフィリエイト報酬

 

キーワードの例

どのようなキーワードが良いのか例たとえて解説していきます。

 

これはリアルなビジネス、飲食店などで例えるとわかりやすいので、お寿司屋さんで考えてみましょう。

 

あなたはお寿司屋さんを開店たとしましょう。

 

稼ぐためにお客さんを呼び込まなければいけません。

 

どのようなお客さんをターゲットにしましょうか?

 

当たり前のことですが、「フレンチが食べたい人」 をターゲットにしてもなかなか来店してもらえずに効率は非常に悪くなります。

 

フレンチを食べたい人に 「お寿司はいかがですか?」 といったところでなかなか来店してくれることはないでしょう。

 

いくらお寿司の味が美味しかったとしてもです。

 

フレンチが食べたいと思っているお客さんはこの際は潔く諦めましょう。

 

ではどのような客さんを探せばいいのでしょうか?

 

「和食を食べたい人」 を対象にして、お寿司をおすすめすれば来店してくれる可能性は上がります。

 

しかし、「和食を食べたい人」 の中には 「天ぷらを食べたい人」 も含まれているかもしれません。

 

さらに、周りにはたくさんの和食屋さんがあるのでライバルもたくさんいます。

 

なので、「和食の中でも寿司が食べたい人」 ならどうでしょうか?

 

和食店はたくさんありますが、その中でもお寿司屋さんはかなり少なくなります。

 

ということはライバルが少なくなるということです。

 

さらに、「和食の中でも寿司が食べたい人」 は、かなりの確率で「お寿司を食べてくれる」はずです。

 

天ぷらなどの他のものに浮気をしないということですね。

 

このようなお客さんが来ててくだされば、お店が儲かる確率は上がります。

 

ではこのようなお客さんではどうでしょうか?

 

「和食の中でも、お寿司、その中でも穴子のお寿司が食べたい人」

 

確かに、「アナゴのお寿司に特化したお店」 というのはあまり聞いたことがないので、ライバルは多くないと思います。

 

しかし、そもそもこの「アナゴのお寿司を食べたい」という人がどれくらいいるのか?

 

ということが問題になります。

 

多分、それほど多くはないことと思います。

 

ということは、お客さんの数が少ないということになります。

 

お客さんが少なければ、なかなか来店してもらえずお店が儲かるのは難しいです。

 

なので、アナゴのお寿司だけを食べるお客さんを相手にしているは効率が悪いということになります。

 

ここまで説明してきた事をまとめると、あなたが経営するお寿司屋さんが儲かるためには、「和食の中でもお寿司が食べたい人」 を集めることができれば良いということです。

 

つまり、この「和食 お寿司」がキーワードということなのです。

稼げるかどうかが決まるキーワードの選定方法記事一覧

A8.netの人気ランキングから売れる商品を探す方法

A8.net のホームページにて、赤枠の中にIDとパスワードを入れてログインします。ログインしたら下へスクロールさせていくと 「プログラム選びのヒント」 というのがあるのでクリック「ランキングから選ぶ」をクリック「総合ランキング」 または 「急上昇ランキング」 をクリックあとは表示されたランキングの...

≫続きを読む